kyaraben

お弁当作りが嫌い・苦手・うつになりそうなママのためのサービス発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に「ママの仕事」と認識されている家事はたくさんありますが、子どものお弁当作りもその1つでしょう。
しかも、お弁当づくりには普通の料理とは違うむずかしさ(メンドくささ)がありますよね?

保育園なら給食が出るところも多いでしょうが、幼稚園ならお弁当を持たせるところがほとんど。
「専業主婦なんだから、お弁当をつくるのは当然でしょ」と思われがちですが、そもそも料理が苦手なママだっているんです。

「保育園は給食があって助かるわ~」と思っていたワーママさんも、子どもが小学校に上がって学童保育に入ったら、夏休みはお弁当持参ですよ!
最近は学童と父兄が相談して夏休みの間だけ仕出し弁当屋さんと契約するというケースもあるみたいですが、それも各家庭の足並みがそろわないなど、いろいろと問題もあるといいます。

では、お弁当作りの何が問題なのか
そこから探ってみたいと思います。

まず、お弁当と普通の料理の大きな違いは、作った時間と食べる時間のタイムラグにあります。
普通のお料理なら、作って温かいうちに食べるのが基本。そこにタイムラグはありません。
しかし、お弁当は作ってから食べるまでに数時間の間があきます。当然料理は冷めますし、衛生上の問題も大きくなります。

つまり、お弁当の場合は、冷めてもおいしいことと、数時間後に食べてもおなかをこわさないことが大前提なのです。

冷めてもおいしいお弁当は、案外クリアできますが、一番の問題は数時間後に食べても安心かどうか。当然夏場の学童保育へ持たせるお弁当ともなれば、傷みやすい食材は使えません。

さらに、なるべく作ってから食べるまでの時間を短くするために、前の日の夜に調理するのではなく、当日の朝早く起きてお弁当作りにはげむ…。ということになりがち。

早起きが苦手なママで、お料理も苦手なママにとっては、まさにダブルパンチの苦行です。
しかもそれが、一定期間、平日毎日続くわけですから…。

 

では、この苦行をどうやって乗り切るべきか?

1つには、前の日から作り置きができるこんだてでお弁当を作るという手があります。食材や調理方法を厳選して、前の日から作り置いておけば、朝起きる時間にも余裕が生まれますからね。

でも、一体どんな食材でどんな献立なら作り置きOKなの?

そういう声にお応えするのが、この2冊です。

Amazonのレビューもしっかり読んでもらうと、なかなか役立ちそうですよね!

 

ただ、「そもそも料理が苦手」なママはどうしたらいいのでしょうか?

自分で料理して作り置きすることさえもイヤなら、いっそ誰かに頼んでしまいましょう!
もちろん、コンビニやオリジンのお弁当じゃなくて、ちゃんとした手作り弁当です。

お料理代行はちょっとお高くつきますが、週に1~2回ならありじゃないですか?



確かに毎日となると、経済的にかなりの余裕がないと難しいとは思います。
ただ、一度試しに頼んでみて、そのレシピを真似してなんとか次は自分で作ってみるとか、いろいろと活用方法はありそう。

もちろん経済的に余裕があって、背に腹は代えられないママは、是非ためしてみてください。

ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事


おすすめ記事

おススメ!

ピックアップ記事

  1. kajidaikou

    2016.04.08 | 掃除

    家事シェルジュのCMが気になる!他にもあるぞ家事代行サービスまとめ
    ある日テレビをつけたら、五代さまことディーン・フジオカさんが…